1ヶ月で脱初心者!!

まぐまぐのメルマガのバックナンバーをまとめて公開しています。まぐまぐの読者登録はこちらから。→http://www.mag2.com/m/0001061821.html

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

~1ヶ月で脱初心者!!~
現役ギター講師が教えるギター練習法!

■□■□■□■□■□第101号:毎週月・水・金曜日配信
2010.11.1
~~~~~~~~~~~
:本日の目次:
0.しょーもない雑談
1.スケール
2.イメージとメリット
3.次回予告と最後に
~~~~~~~~~~~
・お知らせ1
先日の100号記念の企画募集において
「チャーシューレシピを是非UPして下さい!!」
というメールを沢山頂きましたので

チャーシュー動画、作りました。
ホント何をやってんだって話ですよね(笑)。

編集をしながら
「この人バカなんじゃないだろうか??」って
自分で何度も思ってしまいました。

今UP作業をしている最中なので
夜には動画が見れると思います。

なんと5本立てという長編です。
ほぼ0から最後まで自分が
どんな感じにするか見せながら作っているので
あまり料理をしたことがない人でも
かなりイメージしやすく作りやすいと思います。

興味がある方は是非作ってみて下さいね!!
http://youtube.com/afterbeatguitar
~~~~~~~~~~~~

で、改めまして
こんにちは、瀧澤です。

先日、高校の時の友達と
久しぶりに遊びました。

その友達はベーシストなのですが
半年くらい前までバンドをやっていて
フェスとかにも出るくらい
精力的に活動をしていたのですが
色々あって活動休止。

まぁご飯食べながら
苦労話をお互いにアレコレして
「スタジオ行くべさ!!」ってなり

2人でスタジオに入って
僕がドラムを叩いて
彼がベースを弾いて

ひたすら自己満足の元に
レッチリの曲を合わせてたんですけど

やっぱり音楽って楽しいですね~。

なんだか久しぶりに
無邪気になった気がします。

ひたむきに音楽を楽しんだ気がしました。

凄く楽しい2時間でした。

そしてレッチリ、カッコいい。

うん。


あれ、何が言いたかったんだっけ??

まぁ音楽って楽しいね!!
って事ですよ(笑)!!


■□■□■□■□■□■□

・本日のテーマ

今日からまた理論編が始まります。
しばらく小難しい内容が
続いてしまうと思いますが
知ってると知らないでは
細かいトコロで差が出てきます。

なんとなーく流し読みをするだけでも
覚えていただけるようにかみ砕きますので
あまり肩肘張らずにお気軽に
読んで頂けるとコレ幸いです。

そんな今日のテーマは「スケール」。

なぜスケールという言葉が存在するのか、
なぜ覚えなきゃいけないのか、
覚えるとどんなメリットがあるのか

まずはその辺からスタートですかね。


■□■□■□■□■□■□

・スケール=あいうえお

「どうやってスケールを覚えたらいいのか」
「何故スケールを覚えなければいけないのか」

こういったメールを沢山頂きます。

まぁハッキリ言ってしまいますと
スケールなんて覚えなくても大丈夫です。

ですが覚えてると便利なのも事実。


スケールは日本語で言うと「音階」になるのですが
僕はいつもコレを言語に例えます。

ホントに言葉そのままなんですよ。


例えば僕たちは普段日本語を使いますよね。

人と会えば「こんにちは」。
別れる時には「また明日。」

ご飯を食べれば「おいしいね。」
感謝する時は「ありがとう。」

これらの言葉はごく日常に溢れていて
意識する事無く自然と出てくる言葉だと思います。


ですが外国人の方が
「日本語学びたい!!」って思った時、

学習する方法の一つとして
まずは「あいうえお」の読み書きの練習を
するのが一般的ですよね。

まずは「あいうえお」の読み書きを覚えて
そして「こんにちは」などの組み合わせ、
つまり単語を覚えて
意味を知り、発音を覚え、
いつ使われるかを覚える。


スケールもほとんど一緒です。

カッコいいフレーズ、かっこ悪いフレーズ、
ちょっと癖のあるフレーズ・・・
色んな「あいうえお」が組み合わさって
色々なフレーズが世の中には無限とあります。

そういった言葉の組み合わせ、
すなわち単語の事を「リック」と呼びます。

スケール=あいうえお

リック=単語
(こんにちは、さようなら、いただきます・・・)


「スケールなんて面倒くせぇ!!
覚えてらんねーし!!」

っていうスタイルでもOKだ、と
先ほど書きましたのは
沢山単語を知っていれば
自然と日本語が話せるのと同じように

沢山リックを知っていれば
スケールを知っているのと同じように
演奏をする事が出来る、という意味なんです。

「あいうえお」を50音順で
正しく書けなくても

スケールの50音順を
正しく知らなくても

組み合わせさえわかっていれば
なんとかなるもんです。


でも、50音順を正しく書けた方が
単語の覚えもきっと早いでしょう。

理解するのも覚えるのも
そっちの方が早いでしょう。

学習の仕方自体に
向き不向きがあるってだけの話です。

また、ゴールが
「ネイティブ並に英語をマスターしたい」のか
「日常会話程度の英語をマスターしたい」のか
「なんとなく英語が書ければいい」のか

その辺の見極めも結構大事ですね。


イメージとメリットに関しては
そんなトコロでしょうか。

次回からそのスケールとは
どういう仕組みになっているのかを
具体的に解説していきたいと思います。


■□■□■□■□■□■□

・次回予告と最後に

音楽は音学とも書いたりします。

理論的な事をやり始めると
小難しい事が多いんですよね。

一度コツを掴むと
一気に理解が広がるんですけれど

「0からスケールを覚えたい!!」
という方は

「0から英語を覚えたい!!」
くらいの労力がかかる、という事を
肝に銘じて頂けると
この先挫折しにくいかと思います。


次回から小難しい話が続きますが
出来るだけ砕いて解説をしていきますので
よかったらお付き合い頂ければと思います。

長くなって来ちゃったし
今日はこの辺にしておきましょうか。

ではでは。


■□■□■□■□■□■□
発行者:瀧澤克成

ご意見、ご要望、ご質問はコチラ
takizawaguitar@gmail.com
■件名に「まぐまぐ」の文字を入れてくださると
■スパムに紛れなくなるので嬉しいです

ホームページも用意してますので
お気軽にお立ち寄り下さいませ
http://takizawaguitar.com

YouTubeでもレッスンを行っています
http://youtube.com/afterbeatguitar
是非チャンネル登録してくださいね!!

バックナンバーはこちら
http://takizawaguitar.blog9.fc2.com/


(メルマガここまで)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://takizawaguitar.blog9.fc2.com/tb.php/106-a615afe7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。